Iwasaki Blog


2011年3月19日 – 8:27 PM

被災地の宮城県へ行ってきました。物資提供して頂いた皆様の気持ち届けてきました。

準備に時間がかかり、出発は22時頃になってしまいました。
皆さんから頂いた物資を運び、11時間掛けて仙台入りしました。
宮城県では、途中に、ガゾリンを入れる為に4キロ位車の列が並んでいる所もありました。


仙台では、前日に雪が結構降っていたらしく、路面も滑るので、生まれて初めてタイヤのチェーンを付け、仙台市に住む人と合流しました。(てか、今日記書いてるのですがまた今地震来てるし。)仙台市に住む知人は、設計事務所の社長さんで、事務所もかなり広く軽く30分程仮眠させて頂きました。

先ずは、TVでも放送され、津波で被災した塩釜市に向かうことになりました。
写真の通り、町がヘドロや車も散乱、信号も倒れ、街が崩壊してました。
民間の避難場所の方に声を掛けられ、普通に行けば3分で行ける所を、海水やヘドロで道が無い事から15分掛けて遠回りし届けました。









本当に悲惨で残酷な状態です。

現地の人と話をした所、地震が起きた場合いには、すぐ避難出来る場所があり万全な状態で いるそうです。
それなりの数の物資を置いて行こうかと思ったら、現地の人は、これだけで十分です!後は、他の場所に配ってあげてください。って、言われました。
被災地の方々は、協力して必要な分だけで、他の町への気遣いをしているのに、東京や被災地では無い地区の人達は、自己の物資の確保で、何て情けないんだろう・・。と、怒りがこみ上げてきましたね。
まぁ、人それぞれですので、人としてどうなのかと。
塩釜の人に、他の被災地の状況を聞き、本来なら石巻・気仙沼に行きたかったのですが、ガゾリンの問題もあり断念。
そこで、少し待っててください!と、言われ待ってるとカマボコを1ケース頂きました。
受け取れないですよ。と、言うとここの名産で沢山ありますし、せめてものお礼です。と言われたので、お気持ち頂いてきました。

名取市も塩釜より酷い状況と聞き、名取へ向かうことになりました。


品川ナンバーの車で荷物を運んでいると、現地の人達はキョロキョロ見る人もいれば、手を振ってくれる人もいれば、お年寄りの方々は手を合わせて拝んでくれる人もいたりして・・・。
いつの間にか、涙が出てきてましたよ。。ホントに見てて辛くて・・・。
コンビにもどこも空いてなくて、いつ開くか分からないコンビに70~80人位並んでいるんです。

名取に到着したのですが、被災が酷く中の方には行くことが出来なかったので、市の避難所に行く事になりました。
先ずは大きな避難場所の体育菅へ。
沢山の人が居るので、買って行った薬やトレーナ等の衣類を置いてきました。

現状この辺りは、物資がある程度届き始めているようですので、毛布とかはあるそうでした。
他にも、名取市の避難場所を幾つか回り、近くにいた少年とかと話をしたり、服をあげたり、もちろんストリートの気持ちを忘れずに。
この子達が、将来の街を背負っているのですから。
お水とかは昨日から引けるようになったようです。

最後は市の物資受け取り所に行きました。




気仙沼や、石巻の市とコンタクトを取って頂きたかったのですが、現在も連絡が取れないようです。
気仙沼や、石巻は、きっと想像を遥かに超えている被災地なようです。
次は、気仙沼、石巻、に行きたいと考えています。
一番はガゾリンの確保、トラック、等が必要ですのでそこが一番難しいですが。

ただ、1つ思った事が、避難場所にいる被災地の方々には市がしっかりした物資やお水が少量ですがあります。
しかし、避難場所にいない家族で過ごしている人たちは、お金があっても買うものが無いのです。
ですので、誰か行く人がいれば、コンビ等で並んでいる人にも声を掛けて欲しいと思います。


今回行って思った事。
計画も経てずに無謀な状態で行くのは、現地の人にも迷惑を掛けるのでやめて欲しいと思います。
自分たちが決めて行った事として、現地のガゾリンを使わない。無理をしない。
ニュースとかで行くのは迷惑である。とか、募金が一番とか、確かに一理ありますが、物が被災地で困っている人に届くにはいつなのか?
お金があっても買えない現状を理解して欲しいです。
放射能?
友人に聞きました。
タバコの方がよっぽど悪く、早死にするそうですよ!

日本人って本当に情けない人が多く幻滅しているのが本音です。
被災地の方々の方がよっぽど勇敢で戦っていますよ!


2011年3月16日 – 11:53 AM

ご協力お願いします。

今、知り合いのアーティストやら私個人でご協力を願っています。
必要なものはないの?との内容に、福島の知人からメール来ました。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
寒いから毛布。
もやし。一番は食料。水。ベビー用品。薬。
放射性物質の事もあるので、とろろ昆布、ワカメ、昆布、辺りが行き渡るくらいあれば気持ち的に安心です。
ヨウ素剤なんて、配られるんか配られないのか?
まだまだ、テレビの報道なんかとはズレありまくりで・・・。
半径30キロ以上でも被爆者いるし。ここの隣村。
それが、恐いんか被爆者増やしたくないんのか(人体に害がないとしても)福島だけ、物資やら難しいらしい。
許可とか・・?
実際、一番足りてないと思う。。
けど、みんなたくましく現場の者同士で乗り切る気でいます。
何かしたいと思うなら、他の可能な被災地へ送ったりしてあげて!
郵便とか無理だけど。
何かしらの、システムが発足してると思うから。流石に・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ニュースで見ましたが、県庁に物資が届いているそうですが、被災地から何が必要か連絡が来ていないので、渡せてない状態みたいです。

そりゃ、被災地はそれどころではないだろ!
こりゃ、もう動かなければならないと決意しました!
皆様方、ご協力お願いします。

[救援物資受付時間]

•第1便
3/16(水)の13:00~21:00
3/17(木)の13:00~17:00

•第2便
3/18(金),19(土),20(日)の13:00~18:00

東京都中央区銀座2-3-6銀座並木通りビル6F「砂漠の薔薇」です。
(http://www.sabakunobara.jp/sub/map.html)


2011年3月15日 – 12:43 PM

GRACHAN6開催中止のお知らせ

2011年4月10日(日)に予定しておりました、GRACHAN6の開催を中止させていただきます。

東北地方太平洋沖地震発生に伴い、3月15日現在、計画停電により電力供給が不確実である事、また公共交通機関の運行が不安定な事、そしてなお会場地域において余震が続いている事態を踏まえ、お客様の安全を第一に考え協議した結果、開催中止を決定いたしました。
開催を楽しみにしていただいた参加者の皆様には大変申し訳ございませんが、何卒ご理解いただけますようお願いいたします。


GRACHAN6の次回大会は今の所未定です。
追って、HPにて詳細を発表いたします。


今、私達が出来る事って、募金、節電、は当たり前です!
各道場、協力団体に声を掛け献血等の呼びかけに協力する予定でおります。
皆様方のご協力何卒宜しくお願い致します。